【セラミド】と【ヒアルロン酸】保湿効果が高いのはどっち?

健康・美容

【セラミド】と【ヒアルロン酸】保湿効果が高いのはどっち?

セラミドとヒアルロン酸どちらが保湿効果がある?

セラミドとヒアルロン酸はどちらももともと肌に持っている成分で
ヒアルロン酸は「真皮」にセラミドは「表皮」に存在しています。

真皮にあるヒアルロン酸の保湿力は1グラムで水6リットルを抱え込むことが出来るほど。すごいですね。しかし、年齢を重ねると保湿力は徐々に減少していきます。肌の水分が蒸発するとき、肌がスカスカだとドンドン水分は逃げる一方です。赤ちゃんの肌がプルプルなのは、保湿力が高いからですね。

この蒸発をカチッとバリアするのが、セラミドです。

セラミドは表皮にあり、水を挟み込んで肌表面をバリアし、外的刺激から肌を守り、真皮にあるヒアルロン酸の蒸発をできるだけ防ぐようにすることで、肌をみずみずしく保つことが出来るわけです。

つまり、保湿には両方必要なのですが、役割が違いますね。ヒアルロン酸で水分を肌にたっぷりと含め、その水分が逃げないようにセラミドでしっかりと蓋をすることで保湿力の効果を実感することが出来るというわけ。

では、どちらを優先して取り入れていくのが良いでしょうか
肌の成分を保ち、水分を逃がさないようにするためには【セラミド】でお肌のお手入れをすることで、長時間の保湿力を実感出来るのです。乾燥肌の方は特に、セラミド配合のスキンケアを最優先して取り入れていくことが大切だと思います。

セラミドが何故最優先なのか

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin