正しいシャンプーは抜け毛、切れ毛を防ぐ!

ヘアケア 抜け毛 薄毛対策

正しいシャンプーは抜け毛、切れ毛を防ぐ!

抜け毛、切れ毛などダメージヘアを予防するために、洗髪をして頭皮を健康に保っておく必要があります。しかし、毎日繰り返すシャンプーが間違えた方法ですと、かえって頭皮や髪にダメージを与えてしまい抜け毛、切れ毛のの原因になってしまいます。正しいシャンプー方を身につけると、健やかな美髪を取り戻すことが可能です。

ここでは、髪のトラブルから守るために、正しいシャンプー法をご紹介します

正しいシャンプー方法

1 お湯で洗い流す
シャンプー前は、お湯だけで最低1分しっかリ洗い流しましょう。美容師さんたちがシャンプー台でやってくれますね。それだけでも、かなりの汚れは落とせるだけでなく、湿った髪にはシャンプーの泡立ちがよくなるため、頭皮の汚れをしっかり落とすことができます。

2.シャンプーを泡立てる
汚れを落とすのはシャンプーの泡です。原液だと頭皮の毛穴全体に行き渡らず、洗いのこしが出たりします。まずは手のひらの上で泡立てます。泡立てネットを使って、モコモコになるまで泡立てるのもおすすめです。

3.頭皮を洗う
頭皮にシャンプーの泡をつけ、爪を立てずに、腹の指を使って頭皮を洗います。
シャンプーをつけた後、1.2分置くと毛穴に浸透していきます。指の腹で頭皮をつかみ、縁を書くようにしましょう。頭皮を洗うと髪も一緒に洗えます。すすぎは、耳の裏、えり足など、洗い残しがないように気を付けましょう。

4.トリートメント、コンディショナーで補給
トリートメントは、頭皮につけてもいいタイプ以外は髪だけになじませるようにしましょう。

5.ドライタオルで優しく水分を吸い取る
すすぎは洗髪の3倍をかけてながします。顔をタオルで拭くように、ドライタオルで水分を吸い取ります。決してもんだり、こすったりしない事





正しいシャンプーの方法

この動画の中で、シャンプー前にブラッシングをして、髪のもつれを取り、ほこりなどを落としていますが、是非こちらも取り入れましょう。

また、ブラッシングをする事により、頭皮を刺激して血行を良くし、髪全体に栄養が届きます。頭皮を強くこすったりたたいたり、髪の流れに逆らってブラッシングするのは、逆効果になり、頭皮や髪を傷めるので絶対にやめましょう。

ブラシは弾力性のあるもの、静電気を発生させず柔らかい豚毛や猪毛のブラシがお勧めです。

【薄毛改善】正しいシャンプーの仕方!68歳にしてもじゃもじゃの頭皮博士が伝授!

68歳して、フサフサの板場先生の髪は説得力がありますね。
シャンプーをするときの、指の形や洗う時、指を動かすのではなく、頭皮を動かすことで、マッサージ効果にもなりますので、参考にしてください。詳しくは動画をご覧ください

最後に

いかがでしたか?
正しいシャンプーを心がけるだけで、髪のトラブルを減少させる事が出来ますので、是非、今日から実行しましょう。また、シャンプーは日中こびりついた汚れやホコリ、皮脂を落とし、清潔な頭皮環境を保つためにも、朝ではなく夜にするようにしましょう

最後に、洗髪後、髪が濡れたままで自然乾燥にせず、ドライヤーで手早く乾かす事。濡れた髪は切れやすく、頭皮の常在細菌が余計に繁殖してしまうために、抜け毛の原因になる菌が繁殖しやすくなります。

仕上げに冷風をかけると、キューティクルが引き締まってツヤ髪になりますので、お試しください。

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin