パリの男女の「性器周りケア」を見習いたい

ボディケア

パリの男女の「性器周りケア」を見習いたい

欧米では当たり前のお手入れなのに、文化的背景からデリケートゾーンはまだまだ日本は後進国です。40代を過ぎると、女性ホルモンの分泌が低下してくると、腟の乾燥・萎縮が起こりやすくなります。デリケートゾーンの乾燥は自浄作用が働かなくなってしまうため、菌が繁殖しやすく、ニオイがきつくなっていきます。

どんなに綺麗にメイクをして、ファッションを決めても匂いはごまかせない。。

いくつになっても女子力アップのための努力を惜しまないフランスを見習ってメイク、ファッションだけでなく、デリケートゾーンもお手入れしていきましょう。

パリの男女の「性器周りケア」は、超先進的だ

そこらあたりのお手入れについてはトップを走るフランス。ハンドバックに忍ばせて、いつでもスタンバイのデオドラント、pHを調整した洗浄液、お戯れ用食べてもOKのジェルもあります。バスルームには減毛効果のあるクリームはいかが? といった具合です。

出典 http://zasshi.news.yahoo.co.jp

デリケートゾーンの匂いが気になる

気になるデリケートゾーンのにおいケア。デリケートゾーンのケアでやっていることとは、「お風呂でよく洗うこと。」でも、デリケートゾーンと言われている通り、膣の周辺は角質層が非常に薄いので、刺激にも敏感に反応しやすく、普段、下着を履いているため湿度も高く、ムレやすいです。

体を洗うのと同じボディー石鹸は、敏感なデリケートゾーンには刺激が強すぎて、膣内環境を保つ善玉菌まで殺菌してしまう可能性があります。できればデリケートゾーン専用のソープを使用することをお勧めします。

ロマンチックなムードになった時も、ニオイが気にならないと、カレに積極的になれて嬉しい展開が待っています。

アンダーヘアーを脱毛

自分で脱毛する

日本人は、いつもオシャレをして、清潔なのに、あそこはなぜあんなに無防備にボサボサのままなの?あるイタリア男性が、疑問に思ったことだそうです、

アンダーヘアーが無防備だと、ニオイの原因にもなりやすいし、ロマンチックなムードも台無しです。でも、アンダーヘアの脱毛をしたいけど、エステなどで処理してもらうのはかなり抵抗ある人も多いですよね。

今では、簡単にアンダーヘアの脱毛ができる家庭用脱毛器ガ販売されています。これなら人の目を気にせず、いつでも簡単に処理ができます。

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin