デリケートゾーン専用石鹸って必要?

ボディケア

デリケートゾーン専用石鹸って必要?

多くの女性が抱えているデリケートゾーンの悩み。かゆみやニオイや痛みなど様々ですが、体を洗うように、デリケートゾーンをゴシゴシと洗っていませんか?それでは、対策どころかますます悪化する可能性があります。そこで今回はデリケートゾーンのニオイの原因とその対策法についてご紹介します

ニオイの原因

デリケートゾーンのにおいの原因は雑菌です。デリケートゾーンは粘膜でおおわれていて、雑菌の大好物であるタンパク質が豊富に存在しています。特におりものはタンパク質が豊富なので、生理前に増えるおりものや生理中ににおいが気になる女性が多いです。その他、汗、尿、垢などが、雑菌の栄養となっています。

また、普段下着を身に着けているために、高湿で高温なことも、殺菌が繁殖しやすい条件となります。

デリケートゾーンにおいの対策法

泡と指の腹を使って優しく洗う

デリケートゾーンのニオイ対策は「清潔を保つこと」なんです。毎日デリケートゾーンをしっかり洗うことが大切です。ただし、ゴシゴシと洗ってはいけません。デリケートな部分で皮膚は薄いので、優しく洗うようにします。

ニオイが気になって、一日に何度も洗うと、膣を守ってくれる善玉菌まで減らしてしまいます。この善玉菌は(デーデルライン棹菌)といって、膣内酸性に保ち外からくる病原微生物の侵入を防いでいます。この善玉菌が減少すると、膣内は炎症を引き起こしやすくなり、オリモノの量が増え臭いが増えて、結局ニオイがもっときつくなることがあります。そして、炎症は黒ずみの原因にもなります。

デリケートゾーン専用ソープを使用する

デリケートゾーンは洗い方に気をつけるのはもちろんですが、使用する石鹸石けんやボディソープの成分に影響を受けやすいので、気を付けなくてはいけません。

弱アルカリ性の石鹸やボディソープは弱酸性の皮膚の汚れを落とし安い反面、洗い過ぎると皮膚に刺激を与えやすくなります。また、泡立ちが良く、洗浄力の高い合成界面活性剤が配合されているものは、デリケートゾーンに必要な成分まで洗い落としてしまいやすいので、粘膜に刺激や負担を与えやすくなります。

そこで、デリケートゾーンのことを考えて作られたデリケートゾーン専用石鹸を使用するのもいいかもしれません。バランスを取りながら、良い菌は弱らせずにしっかり洗浄できて、低刺激なデリケートゾーン専用の石鹸を使用することで、リスクなくニオイを解消できます。

デリケートゾーンの洗い方 においを防ぐ正しいケア方法とは

まとめ

デリケートゾーンは日々のケアがとても大切です。下着も通気性の良いものをつけ、
清潔に保つようにすることで、ニオイのトラブルはかなり解消されます。しかし、それでも臭いが異常にきつかったり、痒みが止まらない時は、病気が原因のこともありますので、その時は、病院へ行き、原因を確かめましょう。

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin